自動車なんでも相談室

免許について

運転免許の種類

運転免許には第一種運転免許・第二種運転免許・仮運転免許という区分と、大型免許・普通免許・普通二輪免許・原付免許などの種類があります。
運転免許によって運転できる車が決まっています。運転したい車にはどんな免許か知っておく必要があります。
運転免許の区分は第一種運転免許・第二種運転免許・仮運転免許の3つの区分があります。
第一種運転免許とは、自動車や原動機付自転車を運転するために必要な一般的な免許です。日常的な生活で使う「運転免許」という言葉は、この第一種運転免許をさしているケースがほとんどです。
買い物や仕事場への出勤、家族の送り迎えやドライブ、また荷物を運ぶための運転をするのであれば第一種運転免許を持っていれば十分です。
たいして、第二種運転免許がバスやタクシーなどの人を乗せて報酬を得る業務に必要な免許になります。
第一種運転免許の種類は10種類あります。普通免許・準中型免許・中型免許・大型免許・原付免許・普通二輪免許・大型二輪免許・小型特殊免許・大型特殊免許・牽引免許になります。運転免許を持っている人の中で大半が普通免許でほとんどの人は普通免許を持っていると考えてもいいでしょう。